タイのカシコン銀行でクレジットカードを発行しました

投稿者: thailand | 2016年8月18日

盤面

2016-08-18 09.42.58
とてもシンプルな盤面です。バンコクに滞在して初めて作ったタイ発行のクレジットカードです。主に公共料金の自動引き落としに使っています。

特典

  1. 本人、家族会員ともに年会費が無料です。
  2. タイ航空を利用の際に、スワンナプーム国際空港のタイ航空ラウンジを年に2回まで利用する事が出来ます。
  3. 日本のクレジットカードをタイで使うと為替手数料などを差し引かれますが、タイ発行のクレジットカードは、バーツ建てで決済されますので手数料が不要です。

一風変わった機能として、決済された瞬間に携帯へSMSでメッセージを送る事が可能です。家族カードが使用した時もSMSを送れますので、不正使用などが起きても瞬時に分かります。もし、不正使用が発生しても規定時間内の報告があれば全て保証されますので、利用者に被害が及ぶことがありません。何日も経過してから報告ですと、手続きが複雑になり保証されない場合もあるようです。
ddd
先ほども私の携帯電話にSMSが届きました。2236Bahtの買い物があったようです。私は、部屋に引き篭もってますので、嫁の買い物です。
S__3686410
パラゴンで萌えキャラのグッズを買ったようです。LINEで画像が送られてきました。

重要

手元に届いたクレジットカードは、最初にアクチベーション(有効可)する必要があります。日本のクレジットカードでは、あまり聞き慣れない言葉ですが、クレジットカードが届いたらカシコン銀行に電話をして、個人情報や限度額や引き落とし日などを答えますと、アクチベーションが完了して初めてカードが使えるようになります。クレジットカードが届いた時点では、不正が起きる可能性のあるタイでは、まだ使えない仕組みなのです。日本では有り得ませんが、仕方がない事なのでしょうか。
後日、このカードのpinコードを記載した郵便物が届きます。これは、レストラン等でサインレス決済をする時に使う事が出来ます。このPinコードは、カシコンのATMにて変更する事が可能ですが、ICチップに対応したATMでないと変更が出来ません。古いATMなどで出来ない場合は、新しいATMを探して下さい。また、アクチベーション後でないとpinコードの変更が出来ない事も重ねてご注意下さい。

必要事項

カード発行には、原則的にワークパーミットが必要ですが定期預金を担保にする事で無職の方でも発行が可能のようです。定期預金の預金額がカードの利用限度額になります。定期預金ですので、預金金利が足され残高が上がりますが利用限度額は変わらないままです。カシコン銀行のエリート行員に友達が居ますとカード発行までがスマートだと思います。
お友達が居ない方は、銀行で交渉する事になります。Soi 33の支店には、日本語を話せる行員が居ますので、この支店で相談してみては如何でしょうか?
余談になりますが、カシコン ウィズダムやプレミア という投信型のプラチナカードを薦められました。これらのカードは、ラウンジが使える、専用窓口があるなどの特別な特典をセールスすると思われますが、タイでの投資は、とてもリスクが高いです。十分にご理解の上でカードの選定をなさると良いと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキングに参加しています. 参考になりましたらクリックを頂けると嬉しいです.

タイのカシコン銀行でクレジットカードを発行しました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: タイ発行のクレジットカードを考察しています。 | バンコク雑記

コメントを残す