タイの航空券購入でバーツ建てのクレジットカード決済が【誰でも】可能です

投稿者: thailand | 2016年11月2日

タイや日本以外の外国にて、航空券や携帯のチャージでオンライン決済する場合、その国で発行されたクレジットカードでないと決済が進まない場合が多々あります。例えば、タイですと、タイ ライオンエアーなどのLCCです。これらのLCCでオンライン決済をする場合には、タイ発行のクレジットカードが必要です。しかし、こらから説明する方法を使えば、タイ発行のクレジットカードが無くても、バーツ建てでクレジットの決済をする事が可能になります。
注) タイ銀行のATMカードには、VISAマークの表示がありますが、このVISAカードは、ウェブ決済が出来ません。しかし、最後に説明するクルンタイ銀行は、これを可能に出来ます。

タイ発行のクレジットカードをお持ちの方

タイ発行のクレジットカードを決済にお使い下さい。決済ポイントも貯まります。

SCB銀行にオンラインバンキングのアカウントがある方(エアアジア限定)

エアアジア限定ですが、SCB銀行にオンラインアカウントがある方は、「SCB EASY」のログイン名とパスワードを入力して決済を進めれば、僅かな手数料で航空券の購入が出来ます。
scb

カシコン銀行にオンラインバンキングのアカウントがある方

「K-Web Shopping Card Account(s)」をオンラインバンク内から疑似クレジットカード番号を作って下さい。
k02
「K-Web Shopping Card Account(s)」のメニューで「Apply」を選ぶと、このような画面が表示されます。
k03
クレジットカード番号が出来ると、このようなホーム画面になります。ここで作られた16桁の疑似クレジットカード番号、疑似有効期限、疑似CVV番号は、通常のクレジットカード決済のようにインターネット上で使えます。これらの番号は、カシコン銀行のATMカードに記載された番号と異なります。また、一日の利用限度額も設定が可能です。利用料金は、利用時にデビットされます。クレジットカードのように後払いではありません。いつでも利用停止が出来ますので、利用時だけクレジットカード番号を発行する事も可能です。
k01

上記の方法が出来ない方は、クルンタイ銀行を利用します。

クルンタイ銀行に口座が無い方は、最初に普通口座を開設して下さい。今現在でも容易に口座の開設が可能です。私は、メガバンナーの支店で開設をしました。クルンタイ銀行は、ネットバンクの開設も簡単ですのでリンクを参考にネットバンクを利用できるようにして下さい。ウェブページから個人情報を入力してオンラインバンキングのアカウントを発行しますので、他行のようにワークパーミットや有効なビザが必要ありません。
kr00
ネットバンク開設後にログインすると、このような画面になりますので、赤丸のアイコンをクリックして下さい。
kr01
次のポップアップでは、メールアドレスを入力して「Submit」をクリックします
kr02
携帯電話に届いたワンタイムパスワードを入力してください。
kr04
左側のボタンをクリックしますと、アクチベーションに移ります。
kr06
左のボタンのアクチベーションサービスをクリックして下さい。
kr07
上段にATMカードの番号を入力します。下段は、画面に出ている英単語を入力して、「Next Step」をクリックして下さい。
kr08
携帯電話の番号を入力して「Next Step」をクリックして下さい。
kr09
携帯電話に届いたワンタイムパスワードを入力して、「Next Step」をクリックして下さい。
kr10
自身で決めたパスワードとメールアドレスを入力して、「Next Step」をクリックして下さい。
kr11
あと少しです。規約をスクロールさせたら、I Agreeにチェックを入れて、「Next Step」をクリックして下さい。
kr12
クレジットカードのアクチベーション作業が完了しました。
kr00
トップページから、赤丸をクリックすると、
kr15
上記の画像の通り、今までに無かったクレジットカードの番号が表示されています。クルンタイ銀行のクレジットカード番号は、カシコン銀行の疑似クレジットカード番号と違い、手元にあるATMカードの16桁の番号がクレジットカードの番号となります。三桁のCVV番号は、ATMカードの裏側に記載された番号の下三桁です。カシコン銀行のように利用枠の上限を設定できないようですので厳重な管理をお願いします。さて、これで、ライオンエアーなどのタイ発行のクレジットカードでないと決済が出来ない航空会社でも、気軽にオンライン決済が出来るようになりました。銀行の口座開設のルールについては、いつ変更されるか分かりませんので、今回の件を読んで気になられた方は、出来るだけ早めの行動をお勧め致します。また、私がご紹介した方法以外にも、同じような事が出来る銀行があるかもしれない事をご了承願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキングに参加しています. 参考になりましたらクリックを頂けると嬉しいです.

コメントを残す