【europe.06】 07.ARP.2017~16.ARP.2017 デンマーク,ポーランド,ドイツ 回想録

投稿者: thailand | 2017年4月21日

滞在地

  • コペンハーゲン
  • ワルシャワ
  • ケルン
  • フランクフルト

期間

  • 2017年04月07日 ~ 2017年04月16日

滞在記


名古屋からヘルシンキ、アムステルダムを経由してコペンハーゲンへ向かいます。つぎはぎの航空券ですので、家を出てから目的地に着くまで 24 時間を超えています。

ヘルシンキのラウンジで休憩をさせて頂きます。流石は、マリメッコの本拠地です。ラウンジのセンスが光ります。

サーバーから直接ワインが出るのですね。

手前の扉が何か分かりますでしょうか? 答:CAさんの寝室です。4人くらいの方が寝られるようです。

アムステルダムからコペンハーゲンまでは、スカンジナビア航空を使います。「SAS GO LIGHT」という券種は、無料の預け荷物が無い代わりに、LCC並みの運賃設定になっています。私達は、全員SFCを持っていますので、その格安運賃でも、3個のスーツケースを無料で預ける事が出来ます。

アムステルダムからコペンハーゲンまでの運賃が5,720円です。SFCが有れば、ラウンジも使わせて頂けます。申し訳ないくらいです。

アムステルダム空港です。ここまで20時間以上です。目的地まで、あと少しです。

当初予約していたヒルトンのホテルブランドが変わってしまいました。

このページから、ステイタスマッチが可能です。

ヒルトンのステイタス画面を送信する必要があります。

ベネフィットは、画像の通りです。予約時のホテルがヒルトンでしたので、朝食無料、部屋のアップグレード、レイトチェックアウトなど、全てのヒルトン特典を使わせて頂きました。

ヨーロッパのヒルトンが好きです。お値打ちですが朝食が美味しいです。

お部屋からの景色です。空港前のホテルですので、飛行機の着陸が見えます。このヒルトンに宿泊して感じたのですが、ハウスキーピングのスタッフ皆さんが、若くて美人な方ばかりです。平等の国だからなのでしょうか。

街へ出かけるには、鉄道に乗ります。

とても良い雰囲気です。

私達の旅の定番である「マルシェ」へ来ました。

美味しそうな野菜が並んでいます。

お花もたくさん。

右側のトマトが気になります。信じられない事ですが、これだけ離れているのに、トマトの青い香りが届くのです。

トマト好きの私には、嬉しいマルシェです。

緑のトマトも売っています。

ジャガイモも美味そう。

まるでケーキのようなお惣菜です。

隣では、蚤の市が開催されていました。

街並みが美しいです。

ゴミ、ガードレール、電柱などがありません。とても整然としています。

生の蟹がありました。お味が気になります。

注文してみました。日本の味と異なり、とてもクリーミーで美味しいです。少しお値段が・・・。

デザートは、定番のブルーベリーです。超甘くて美味しい!

税金の高いデンマークは、公共のトイレも無料です。

それにしても、歩いているだけで、街並みの綺麗さに癒されます。

今回の旅の目的でもある「人魚姫」がある運河に来ました。やっとの事で「世界三大ガッカリ」を制覇しました!!! 母が、予想以上にガッカリしてくれて嬉しかったです!

デパートのカフェで休憩です。コーヒーとお茶で1400円くらいでしょうか。デンマークの物価にも慣れてきました。

先ほどのマルシェで買ったトマトです。超美味しい!!! もう少し買ってきたら良かったです。

疲れた母(81歳)が寝てしまったので、私と嫁さんでホテルのラウンジにきました。

良いワインをサーブしています。

ホテルの部屋から見た朝焼けです。見とれてしまうほど美しいのです。

ホテルの部屋は、9階です。

12階にあるラウンジの朝食以外にも、一階の朝食会場も無料のようです。

遠慮なく頂きます!!!

さて、お出かけます。

ド定番です。カラフルな街並みです。

コーラ、水

ピザ1枚で4500円位です。

デンマークの物価は、とても高いです。

中央駅の隣の遊園地へ来ました。

高齢の方が多いです。

桜も咲いています。園内は、ベンチやリクライニングチェアー等が沢山あります。カップルの方達などは、アトラクションを楽しむより、ベンチでマッタリしているようでした。とても幸せそうです。

アトラクションは、1人1回が1500円くらいです。私達も、3時間くらいマッタリしていたでしょうか。日差しも強くなりましたので、遊園地を後にしました。

液の構内などにある自動販売機です。マスターカードのコンタクトレスが利用できます。

小銭が無い時に助かります。

約230円のポテチです。

ちょ。。。

悲しい・・・。

夜になればラウンジで食事を頂きます。

今夜は、母も来ました。夕食に出かける気力も無く、そのまま就寝です。

本日の朝食を食べたら、3泊したこのホテルともお別れです。

私は、ソフトボイルの茹で卵が大好きです。エッグスタンドもありましたので、紳士的にスプーンで頂きました。

ホテルから見た空港の駐車場です。見事なまでに、白、黒、シルバー、赤、紺の車しかありません。デンマークの方達は、リセールバリューを考えて自家用車を買うのでしょうか。

コペンハーゲンの空港です。

デンマークは、何でもセルフです。ここで搭乗券とバッケージタグを印刷します。写真を取り損ねましたが、スターバックスのドリップコーヒーまでがセルフの自販機でした。

そして、こちらのセルフマシンで荷物を預けます。

自分でタグを付けた荷物をコンベアに載せて、バーコードでスキャンすると、勝手にスーツケースが吸い込まれていきます。とても便利です。誰しも、時間をかけずにチェックインを完了する事が出来ます。対話式のカウンターもありますが長蛇の列です。

SASエリートメンバーやビジネスクラスの方は、こちらのファーストトラックが利用できます。受け付けの方に聞きましたが、スターGでは、通れないようです。

ジュースは、4~500円でしょうか?

ハンバーガーもよく分からないくらいお高いです。

しかし、私達の航空券は、「SAS GO LIGHT」1人が8,820円です。

「SAS」のラウンジも使えます。入り口には、駅の様な改札口あり、搭乗券のバーコードで入場が出来ます。ここもセルフです。

とても落ち着いたラウンジです。スパークリングワインもありました。

折角ですから、デンマークのビールを頂きます。

空港内の免税店で安い物を発見しました。水が200円くらいで買えます、いや、その、高いですが安いのです。

格安な航空券ですが、非常口を選びました。真面目なCAさんは、高齢の母に向かい「非常口席なので、貴方は英語が喋れますか?」の質問に「NO!」と即答する母。「言ってる事が分かってるじゃん!」とか思いましたが、CAさんが困っています。いえ、喋れない訳じゃないのですが。。。。すると、CAさんは、私に、「緊急時は、母に通訳して下さい!」との事で、そのままの席となりました。

ポーランドに着き、とりあえずの夕食を頂きますが、目を疑うほど物価が安いです。500ccの生ビールが300円程度です。料理も一皿1000円程度でしょうか?

しかも、一皿の量が多いです。

スーパーで売られる冷凍ポテトが1kgで100円程度です。

ホテルの部屋からの風景に癒されます。

それでは、マルシェから始めましょう!

沢山の野菜が売られています。

街の有名な市場に来ました。

レートが悪いですね。

市場の屋内には、小さなスーパーがあります。

旧市街へ来ました。

ミシュランを取った店との事で、ここでランチにしようと嫁さんが店に入ると、支配人に「今日は取材が来てるから飲食が出来ない」と断られたようです。入り口に「臨時休業」と書いて欲しいです。

気を取り直して、他のレストランでランチです。私は、生ビール。嫁さんは、ワインです。

ポテトスープですが、濃厚で美味しいです。後で聞きましたが、ドイツの郷土料理のようです。

メインは、七面鳥のハンバーグです。写真では、大きな皿で料理が小さく見えますが、とてもボリュームがあります。ハンバーグを食べた時点で お腹が一杯です。添えられたポテトを少し残してしまいました。

デザートは、ポーランド名物のアップルパイです。

32クローネです。1人、1000円くらいでしょうか。

お店の名刺です。

これは、市場で買ったブルーベリーです。

ホテルに帰ったら、アコーホテルズのウェルカムドリンク券で無料のワインを頂きます。

ホテルは、ノボテル ワルシャワ セントラルです。目の前に大きな交差点があります。

路面電車、バス、自動車が、

グルグル回っています。

スーパーには、日本の食材も売っています。なんとか住めそうですね。

日本円の売りと買いのスプレッドが酷いです。10000円を両替して、その両替えした現地通貨を日本円の10000円に戻そうとすると、13333円が必要です。

街中は、無料のWifiが拾えますので不自由をしませんでした。

センスの良い駅構内です。。

ホテルを移動しました。メリキュール ワルシャワ セントラルです。

私達の荷物です。母は、別の部屋ですので、自身のスーツケースを持っています。

お腹が減りましたので、デパートのレストランで食べました。適当に頼んでも1人が1000円を超える事がありません。

毎度ながら、アコーシルバー会員特典のウェルカムドリンク券でワインを頂きます。

こちらのホテルのセンスがいいです。

普通に飲んでもお値打ちです。

ポーランドは、とても物価が安いです。

お部屋は、ここです。静かな部屋が好きですので、エレベーターから遠い部屋をアサインしてもらっています。

このホテルは、朝食を付けてませんでしたので、PAULで朝食です。

フランスでは、コンビニ価格のチェーン店ですが、海外のPAULは、何処もお高いです。

リプトンで食べたら、

半額で済みます。

日本とタイの住まいでは、このオリーブオイルを使ってます。とてもマイルドです。どんな料理にも合い美味しいです。

チーズのお店です。

少し買いました。防腐剤などが入っていませんので、日本に帰る頃は、全体的にカビが生えていました。もちろん、カビを削れば、普通に頂けます。

ビールも安いです。500mlで、60~90円程度でしょうか?

新しく出来た市場へ来ました。近代的な作りです。

オリーブが美味しそう。

ソーセージも美味しそう。

このピクニックバッグが10,000円くらいです。引き篭りの私でも欲しくなります。

買いたいけど諦めました。

こちらの調味料セットも欲しいです。600円くらいです。

バーカウンターで飲み物を頂きます。嫁さんは、シグネチャーカクテル。

私は、レッドドラフトビールです。数百円だと思います。

ジャンクな昼御飯です。チキンバーガーセットにチーズバーガーを足して、750円くらいです。

ホテルをチュックアウトしたら、ライアンエア専用のLCC空港へ向かいます。LCC空港ですが、プライオリティパスが使えるラウンジがあります。このラウンジは、制限区域外にありますので、ご注意下さい。ここのスタッフが優しい方で、全ての料理やアルコールを説明して下いました。そして、テーブルで飲食をしてると、先ほどのスタッフが、各テーブルを回り「スパークリングワインを開けたから、飲んでよ~」とサーブして下さいました。

ライアンエアは、航空券に数百円を加えると、ファーストラックが使えますが、それを使う人が全く居ません。使わないと、この行列に並ぶ事になります。日本人的思考かもしれませんが、安いですので、付けた方が無難だと思います。

ケルンのホテルは、アコーホテルズのアダジオです。サービスアパートメントホテルです。

調理器具から、カトラリーまで全て揃っています。

調理したくなりますね。

ホテルの朝食です。

簡単な食べ物しかありませんが、チーズやハムが美味しいです。

アダジオホテルからの風景です。

お決まりですが、ケルン大聖堂へ来ました。

リモワ本店にも来ましたが、公休日です。

イースターでお休みです。

仕方が無いので、前のカフェで休憩です。

ケルン中央駅の荷物預かり所です。大きさを問わず、1個が6ユーロです。小さなバッグは、自動預け機の方がお安くなります。

ここからは、電車で移動となります。

ウェブサイトから一等車を予約していました。

写真のような通常席と個室があります。

一等車を予約していましたが、食堂車で車窓を楽しみました。

嫁さんは、シチューを頼んだようです。

なんともお洒落です。

今回は、車窓を楽しむ為に、2時間かかる列車を選びました。トンネルが多い高速列車を選べば、1時間でフランクフルトに到着します。

調子に乗って白ワインも頂いたら、居眠りして到着駅を乗り過ごしました (T-T)

フランクフルトでは、マリオット ホテルに2泊をします。

携帯アプリから、事前にチェックインして、レイトチェックアウトを申請しておきました。

ホテルからの風景です。高層ビルが少ないです。

お部屋は、39階と41階がアサインされました。

母のエグゼルームは、ここです。

ちょうどイブニングカクテルタイムになりました。

ワインにチーズやハムを頂きます。

ご当地の「ハリボー」もありました。

イースターですので、スパなども営業が制限されています。

フィットネスは、大丈夫のようです。

私達の部屋は、ゴールド特典で、ラウンジ無料、朝食無料。高層階ですが、冷蔵庫の水が有料でした。設定が細かいです。

母のエグゼルームにあったバスローブやスリッパもありません。もちろん、電話かアプリで依頼したら無料で持ってきて下さいます。

部屋からの夜景です。

朝食は、一階だけのようです。ラウンジには、朝食の用意がありませんでした。

写真のコーナールームに平民の私達が過ごします。部屋の間取りは、エグゼルームと同じでした。

母のエグゼルームは、バスマットも、フカフカの物が敷いてあります。地味に差別化してるようです。

街並みが可愛いですね。

ヘンケルスのディーラーがありましたので買い物をします。既に持ってる製品ですが、写真の爪磨きが使い易いので買いました。

いろいろ買いたいですが、我慢です。

お店の外観です。

ショッピングモールに来ました。

近くには、市場もあります。

新鮮な野菜が並びます。

高齢の方が多いようです。

デパートに戻って休憩です。嫁さんは、ご当地のアップルワイン。私は、生ビールです。

母は、何やらアイス的な食べ物を頼んだようです。

マリオットのアプリからは、様々な事を依頼できます。

もちろん、電話で頼めば良い事ですが、エコロジー、省力化を進めているのでしょうか。

さて、ホテルのラウンジで休憩です。

デザートや

簡単な食事が並びます。

軽く頂きます。嫁さんは、最初からデザートで飛ばしています。

私は、チーズとハムでワインを頂きます。

ホテルエレベーターの「非常呼び出し」が電話式です。使える物は、古くても使うドイツの手本みたいです。

シンガポール航空のCAさん御一行がチェックアウトしていました。流石SQです。

デパートの卵売り場です。今日の卵は、イースター仕様です。

ホテル朝食の茹で卵もイースターです。

最後の朝食を楽しみます。

パンもイースターのウサギを形どったものです。

今回滞在したマリオットホテルは、アジア人率が低いホテルでした。

エリートメンバーは、カードキーが違うようです。

ラウンジで休憩したら空港へ向かいます。

リモワのショップです。

写真の超軽量で折りたためるザックを買いました。10ユーロくらいです。ルフトマークの入ったリモワは、見送りです・・・。

何処へ行ってもイースター。

この可愛いトートバッグも買いました。安い物しか買いません(キリッ)

チョコレートのキャラクターです。

スカイチームのラウンジへ来たら、2人しか入れないと言います。

スカイチームのポリシーに反しています。

更に、入り口に表示されているプライオリティパスも使えないと言います。結果ですが、交渉して入りました。


81歳の高齢母は、ビジネスクラスで帰国をします。

私達は、エコノミークラスです。非常口席をアサインして頂いたので、とても快適に帰れそうです。

エコノミー機内食では、ビビンバを頂きました。搭乗時に、ビジネスクラスに乗る母の事を世話して欲しいとCAさんに頼んでいたのですが、快く引き受けて下さり、事ある毎に母の事を報告して下さいました。某アメリカの航空会社とは・・・、雲泥の差ですね。

仁川国際空港を経由して帰国をしました。長文にお付き合い頂き有難うございました。次は、来週より1ヶ月ほど、バンコクとジャカルタに滞在の予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキングに参加しています. 参考になりましたらクリックを頂けると嬉しいです.

【europe.06】 07.ARP.2017~16.ARP.2017 デンマーク,ポーランド,ドイツ 回想録」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ヨーロッパ旅行の費用明細【2017年4月】 | バンコク雑記

コメントを残す