インボラPYアップグレードでバンコクに着きました・・・が、iPadを機内に忘れて・・・

投稿者: thailand | 2017年4月28日

エアチャイナでバンコクへ向かいます


1人 31,010円(前回は24,640円)の航空券です。昨年までは、直行便のJALに搭乗していましたが、時間に余裕のある私達が贅沢をする必要もありません。最近は、お値段を優先して、前回に引き続き今回もエアチャイナを選びました。

新しくリノベーションされたプレミアムラウンジへ来ました。対象のカードが無くても、1,230円でご利用が出来ます。3種類のビールと

サワー、フルーツ2種類のアルコール飲料がお好きなだけ頂けます。ラウンジ内は、落ち着いた白が基調になり、全ての椅子やソファーにコンセントとUSB充電端子が付いていました。

エアチャイナは、スターアライアンスですが、SFC会員 と ビジネスクラスの乗客に JALのサクラ ラウンジのインビテーションを頂けます。エアチャイナは、日本初の場合、スターアライアンスゴールドを持っていても、非常口席などの座席指定が有料です。名古屋-北京がUS$20、北京-バンコクがUS$35です。折角お安く購入した航空券ですので、追い金などをせずに、そのままの席で発券をして頂きました。前日に飛行機の混み具合を調べたところ、北京-バンコクの残り座席が1席でしたので、アップグレードを期待していました。しかし、通常のエコノミー席の航空券でした。

セントレアのエアチャイナは、JAL便よりも早い時間に出発しますので、ラウンジが空いています。ここでは、いつものキーマカレーを頂きました。

北京国際空港の24時間以内の乗り継ぎですが、気が遠くなるほど人が並んでおり、並ぶのを諦めて中国に入国をしました。北京国際空港の制限区域内には、航空会社のチケットカウンターがありません。ですので、中国へ入国した際にエアチャイナのカウンターへ寄って、座席を非常口席に変更したいところですが、空港税を取られるかもしれませんので、そのまま出国をしました。確認が出来ませんでしたが、飛行機から降機した場所から乗り継ぎまでに乗り継ぎのカウンターがあるのかもしれません。

今回は、乗り継ぎ時間も長いですので、プライオリティパスが使えるBGSラウンジへ来てみました。

2人がけのソファーが快適です。乗客も殆ど居ません。このソファーで休みながら搭乗を待っても良いのですが、後でエアチャイナのラウンジへ移動をします。

うどんを作って頂きました。ナルト好きの嫁さんがナルト大盛りにして頂いたようです。普通のうどんです。美味しく頂きます。

暫く後に、ジャージャー麺も頂きました。こちらも美味しくて残さず頂きました。

食べる物を食べたら、エアチャイナのファーストクラスラウンジの個室で就寝です。受け付けで搭乗券と引き換えに仮眠室へ案内して下さいます。

中国インターネットのIP規制を回避


香港のシムをローミングする事により、中国国内でもIP規制をされずにFaceBookなどが使えます。私は、このシムを日本のAmazonで購入して使っています。購入時にチャージされている金額で30日の500mbが使用できます。30日間500mbで1000円程度ですので、帰りのトランジットでも500mbの残りが使えそうです。また、特殊なシムを使わなくても、ウェブベースでしたら、このページの下に書いたの「Open Door」を使う事で中国の国内でもFacebookなどが使用できます。

搭乗ゲートでアップグレード


搭乗口にて係員が座席番号を書き換えます。プレミアムエコノミーの座席へアップグレードされたようです。他の空港のようにブザー音などはありませんでした。ANAスーパーフライヤーズの効力に感謝です。

プレミアムエコノミーは、ミネラルウォーターとスリッパが付きます。

シートピッチも少し広いようです。

離陸前には、おしぼりを頂けます。

スターアライアンスゴールドの会員(以後 スターG)には、スワンナプーム空港イミグレーションのファーストトラッククーポンを頂けます。前回は、スターGの情報が航空券に反映されてなかったので、私の席にクーポンが配られず、自らCAさんにリクエストをしました。今回は、その反省を生かして、チェックイン時に会員情報の反映を確認していたのですが、機内では、何方にも配っていませんでした。他のスターG乗客が居なかったのか分かりませんが、到着50分前の時点で、ギャレーに居るCAさんにSFCカードを見せて「ファーストトラッククーポン」を下さい(Can you give me fast trak coupon for suvarnabhumi airport immigration. I am a Star Alliance Gold member.)と頼みました。CAさんは、分かっていらっしゃるようで席で待ってて下さいと言うと、後で隠すようにコソッと2枚のクーポンを渡して下さいました。到着時のイミグレは、空いていたので通常のイミグレから入国して、頂いたクーポンは、タイ出国時に使いたいと思います。

今回は、リモワでなく、Heysのスーツケースで来ました。とても目立ちますので、間違えてスーツケースを取られる事がありません。

「iPad mini」を機内に忘れました


翌日になり、飛行機のシートポケットに「iPad mini」を忘れた事に気が付きました。エアチャイナのサポートセンターへ電話をすると、「機内の忘れ物は、空港の掃除係が回収しますので、空港へ問い合わせて下さい」と言われました。次に、空港の「lost property」へ電話をすると「機内の忘れ物は、航空会社が管理するのでエアチャイナに問い合わせて下さい」と言われます。最短距離で手詰まりです。中国系の航空会社ですし、3年半使った端末ですので、この時点で諦めたのですが、嫁さんが「空港へ手がかりを探しに行く!」と言い出します。ちょ、手がかりって・・・・いつから刑事になったのですか!? しかし、折角ですから、ダメ元で行ってみましょう。スワンナプーム国際空港に着きましたが、まだエアチャイナのカウンターが空いてませんので、6階のチケットカウンターへ来ました。しかし、営業時間内ですが、営業をしてません。ガラスの電話番号へ連絡をすると「現在、営業をしていません。市内のエアチャイナの営業所へ行って下さい」と、悲しいお返事です。このフロアで仕事をサボってる空港職員に聞くと、一部を覗いて、殆どの航空会社が営業してないとの事です。最初から手がかりが消えてしまいました。

フロアでは、警備員の方がお仕事をされてましのたで、事情を話すと部屋の中を見せて下さいました。写真の通り、U字形の乗り物用クッションが山積みです。中を見ていると、他の警備員の方が、また1個のクッションを持って部屋に入ってきました。そして、ポイと投げてお帰りになります。お忘れ物ナンバー1は、乗り物用クッションでしょうか。仕事用のカバンやスーツケースもありますが、電子機器のような忘れ物は、1個もありません。警備員の方とお話を続けましたら、エアチャイナオフィスの方と友達だから連絡してくれると仰ります。助かります。そして、電話をして搭乗便名、シート番号、忘れ物の特徴を連絡すると、警備員の方の携帯に私の「iPad mini」の写真が写しだされました。ほぼ諦めていたのに見つかりました!

今現在ロビーに行く事が出来ないので、19:35出発便のチェックインが始まる16:35に、Rカウンターへ来てくださいとの事でした。まだ少し時間があるので、スターバックスでチェックイン開始を待ちます。

完全に諦めていた忘れ物が手元に戻りました。空港職員の方、仕事の時間を割いてまで助けれくれた警備員の方には、本当に感謝の気持ちで一杯です。また、諦めていた私に「空港へ手がかりを探しに行く!」と言ってくれた嫁さんにも感謝です。今回のiPadが見つかるまでの流れが、何方様かの参考になれば幸いに思います。

バンコク生活が始まります


タイに着いたら、日本から持ち込んだキュウリを塩漬けして水分を抜きます。このキュリは、前回と同様に奈良漬にします

お気に入りのトンローのパッタイ屋さんです。今回は、オースワンも頂きました。

残さず完食をしました。残念ですが、このお店も値上げされていました。パッタイのピセー(海老が大きい)を2皿、オースワンを1皿、水1本で400Bahtです。3割アップくらいでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキングに参加しています. 参考になりましたらクリックを頂けると嬉しいです.

インボラPYアップグレードでバンコクに着きました・・・が、iPadを機内に忘れて・・・」への5件のフィードバック

  1. 拓さま

    エアチャイナでもSFC持ちならプライオリティレーンのチケットくれるのですね!やったー( ´∀`)

    返信
    1. thailand 投稿作成者

      拓様、お世話様です。頂戴!頂戴!して下さい!

      返信
  2. takucha5

    うちのブログももしよかったらリンク貼ってくださぁい(・∀・)

    返信
  3. ピンバック: SFCが優遇されるエアチャイナのバンコク往復を考察します | バンコク雑記

コメントを残す