タイでは壊れない物が壊れます。アパートのトイレが壊れました

投稿者: | 2016年10月9日

材質が弱い

水を流した後に、チョロチョロと水が漏れる事が気になりタンクの蓋を開けました。
2016-10-08-08-35-53
「パッキンが悪いのかな?」と、パッキンを触ると、パッキンを支える太い支柱が「ボロリ」と折れました。直径6cm、肉厚5mくらいの塩ビのパイプです。ほんの少しの力で触った程度です。私の住むアパートのトイレは、高級なTOTO や INAX などでなく、普通のタイ製品です。新築から入居して5年が経過したアパートです。タイのプラスチック製品の耐用年数は、何年なのでしょうう? およそ信じられない程に低品質な材料が使われているようです。

即日の修理

2016-10-09-15-22-15
翌朝、アパートの管理人にLINEで修理の依頼ををすると 30分で解決しました。AM9:00にエンジニアが来て部品を交換して下さいます。アパート住まいの利点だと思います。中級クラス以上のアパートには、エンジニアが常駐しています。壊れやすい部品を在庫してるのはもちろん、巻き替え用の製品も一式常備しているそうです。住まいに問題が起きても、すぐに対応して下さいます。これが仲介業者のあるコンミニアムですと【住民が仲介業者に連絡】 → 【業者がオーナーに連絡】 → 【オーナーが修理業者に依頼】 → 【業者が故障の状態を調べに来る】 → 【部品を手配して再び修理に来る】 の流れです。オーナーが取り付けたエアコンが壊れると大変です。

自分で調整

2016-10-08-10-55-01
修理の後にタンクの中を調べました。とても簡単な作りです。新しく交換してくれた支柱などが細い物に変わってました。代替え品でしょうか。タンク内の壁のシミを見て頂くと分かりますが、どうも水位が低いようです。今まで流れが悪いのは、タイ製のトイレだから仕方ないと思ってましたが、水位が低いのが原因でした。勝手な予想ですが、最初に組み立てた方が、適当に水位を調整しただけなのでしょう。これは、メカニカルな事が得意な方でしたら、簡単に調整が出来ます。フロート本体の高さを上げて、上げた分だけフロートとフロートに繋がる棒を短く調整して下さい。写真左上のプラスネジ状の棒を締め込むだけです。
2016-10-09-09-02-21
4cmほど水位を上げてみましたら勢いよく流れるようになりました。今まで何年も何だったのでしょう。日本の製品でしたら、買った時点で全て調整済みでしょうけど、タイでは・・・・・。これをお読みの皆様も、ご自身の住まいのトイレに不満を感じてるようでしたら、タンクの蓋を開けてみて下さい。下手に触ると「ボロリ」と折れるかもしれませんが。

余談

2016-10-08-08-36-17
便座は、何年か前に買ったパナソニックのウォシュレットトイレ(シャワートイレ)です。買った時の様子は、こちらです。日本製のウォシュレットと比べたら性能差が歴然ですが、電源を必要とせずに壊れないのが重宝しています。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です