タイのカシコン銀行で口座開設をしました

投稿者: | 2016年8月15日

口座開設

数年前のタイのカシコン銀行(カシコンバンク)は、旅行者でも容易に口座が開ける銀行でしたが、今現在は、ハードルが少し上がったようです。様々なページで「何処の支店で口座が開けた」の情報を見かけますが、開設の可否は、行員さんの裁量に依存すると思います。口座を開きたい理由を明確に答えて、それが銀行側に有益な顧客と判断されましたら開かせて頂けると思います。明確な理由も無く、「短期間の旅行に使ったバーツの残金を預けたい」程度の理由ですと、お断りされる可能性が高いと思います。

注意事項

居住者の方で、その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する場合には、その国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した調書(以下「国外財産調書」といいます。)を、その年の翌年の3月15日までに、所轄税務署長に提出しなければなりません。

インターネットバンク

ネットバンクは、使い勝手が良い方だと思いますが、他行と違い、一つだけ注意したいのは、「PIN2」と言うパスワードです。この「PIN2」パスワードは、ネットバンクへログインした後に設定が可能ですが、一度でも「PIN2」を設定しますと、ネットバンク上からワンタイムパスワード(OTPと呼ばれ、登録した携帯電話へ一度しか使えないパスワードが届きます)に戻す事が出来ません。戻したい場合は、サポートセンターへ電話で依頼をする必要があります。通常の取り引きでは、ワンタイムパスワードを入力して、振り込みなどの口座内の預金が動く操作をします。しかし、先の「PIN2」をいうパスワードを一度でも設定すると、それ以降は、この「PIN2」を入力すだけで口座内の預金が動く取り引きが可能となります。携帯電話でSMSを受け取る必要が無いので、日本国内などから利用するに便利ですが、「PIN2」を数回間違えると、ネットバンクの全機能がロックします。ネットバンクを開通させた時に決めた、ログインのパスワードも同時にロックされるので、ネットバンクへのログインも出来なくなります。もし、ロックされたら、サポートセンターへ連絡してロックを解除してもらう必要があります。また、カシコン銀行は、携帯で利用できる「K-Mobile Banking PLUS」がとても使い易いです。通常の取引や普通口座、定期預金、クレジットカードの一元管理が出来ます。
k1 r
ネットバンクの画像を貼りましたが、携帯へのトップアップは、予め携帯番号を登録する必要があります。他行への振り込みなどの取り引きも、予め振込先を登録する必要があります。最後に、カシコン銀行には、面白いサービスがあります。K-Web Shopping Card Account(s)です。これは、仮想クレジットカードです。クレジットカードのカード番号だけを作る事が出来ます。限度額も自分で決める事が出来ます。カード自体を作る事が出来ませんが、タイのインターネット取り引きでバーツ建てのクレジットカードを使いたい時に、この仮想のカード番号だけで決済が出来ます。例えばですが、タイ会社のLCC等の航空券を買いたい時など、日本のクレジットカード支払うと為替の手数料が差し引かれる場面で、このバーツ建ての仮想カードを使えば、その手数料を回避する事が可能です。とても利用価値があると思います。
src_34427679
口座を開設するタイミングによっては、キティちゃん、ドラえもん等のATMカードと通帳が選べます。この特別なカードをATMマシンに入れると、このような画面が出てきます。ドラえもんの場合は、ドラえもんの画面でテーマソングまでが流れると友達に聞きました。恥かしいと思いますか? 私の場合は、良いのか悪いのか分かりませんが、もう慣れてしまいました。
20140617185819782
バンコクのカシコン銀行のデスクで手続きをしてると、カシコン色のジュースを頂きました。小さな親切が嬉しですが、とても体に悪そうです。

携帯アプリ(app)

下記のリンクよりダウンロードして下さい。
ios  android

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループ を作りました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です