タイで日本のテレビを快適に観る方法(途中経過・2)

投稿者: | 2017年3月29日

海外で日本のテレビを視聴する方法

現在の構成


日本の自宅に設置した「Nasne」をインターネットを通して、バンコクの「PS VITA TV」で視聴をしています。個人が海外で視聴する日本のテレビとしては、この方法が一番最高の画質です。

日本の機材は、こちらです。1台しか「Nasne」がありませんが、別の光回線の場所に もう1台の「Nasne」が設置してあります。また、右端に写る装置は、NetgearのNASサーバーです。SlingBox、I/Oデータのチューナー録画機です。

「PS VITA TV」では、複数台の「Nasne」を登録する事が出来ます。2台以上の「Nasne」を使えば重複した時間の番組予約も可能です。

ペアリングした子機で視聴が出来る期間は、日本の放送ルールにより90日と定められています。私のように1ヶ月毎に日本とタイを行き来してる方以外は、後で次にご説明する「日本のルーター切断」 と 「ペアリング期限切れの問題」の問題を解決する必要があります。

日本側ルーター切断の問題

ネットワーク越しに電源を制御する製品がいくつかありますが、ネットワーク自体がダウンすると電源の制御をする事が出来ません。

その対策としては、少しお高いのですが、2アウトレット制御できる機能を絞った小型リブーター などを使うのが賢明でしょうか。ルーターのフリーズ等を感知してネットワークのシステム全体を再起動をする事が可能となります。

ペアリンク問題

Nasne」のペアリンク問題を解決するには、ペアリンク済みの「PS VITA TV」を90日以内に日本から発送してもらうか、「Nasne」を設置した自宅のネットワークに完璧なVPNサーバー接続をするしか方法がありません。NTT西日本が貸し出すルーター(RT-500MI)のVPNサーバー機能を用いて「PS VITA TV」を日本のルーター(RT-500MI)に繋げてペアリングしましたが出来ませんでした。

日本の自宅のネットワークへ入れますが「PS VITA TV」が直接繋がれた状態として認識をしていません。

何らかのハード依存があると考え「VPN サーバー BOX」を購入して再びペアリンクを試みました。しかし、この方法でも認識していません。この「VPN サーバー BOX」の時点で「デジタル放送のリモート視聴について」の問題が解消されました。VPN接続の状態でしたら、リモート環境でもリアルタイムにWOWOW等の有料放送を視聴する事が可能になります。

続いて、実験を進めます。先の「VPN サーバー BOX」に専用接続する装置を試してみます。このページにある「VPN + WIFIアクセスポイント」です。ここで販売されている商品は「Raspberry Pi3」に組み込む為のアプリケーションだけです。

Amazonなどで「Raspberry Pi 3」を購入てVPNアプリケーションをインストールして使います。この装置が日本のルーターにVPN接続して、日本のネットワークをタイの子機にwifi接続します。タイでは、単純にwifi接続した状態ですが、日本の家のネットワークに完全に入っている状態になるようです。商品の説明にもこのアクセスポイントに接続したPCやスマートフォンは、VPNサーバーが設置されている場所のルータからDHCPにてIPアドレスが自動的に割り振られ、VPN接続先のネットワークに直接接続しているのと 完全に同じ状態になります。とあります。この「完全に同じ」と言う言葉に期待が持てます。しかし、この装置を用いて様々な接続状態をテストしましたがペアリンク出来ませんでした。

考察

実験では、海外でのペアリンク方法が手詰まりです。しかし、少し気になるのが「Nasne」と携帯のペアリンクは、Wifi接続で行うのですが、単純にネットワークに繋いだだけですと認識されず、全ての装置を再起動してクリアーな状態でないとペアリンクが出来ません。「Nasne」がネットワークの状況をシビアに選別してるものと思われます。今回の「PS VITA TV」のペアリンクも携帯端末の時と同じ(ラズベリーへの)Wifi接続ですので、Wifi接続による何らかの相性が出てる可能性があります。タイのアパートには、VPNクライアント機能が搭載されたルーターがありますので、日本へVPN接続されたルーターに直接LANケーブルで接続した「PS VITA TV」でペアリンクする実験をしてみたいと思います。

ボルカノフロー


上記は、参考画面のスクショです。既にサービスが終了した「ボルカノフロー」ですが、この装置は、ローカルネットワークで稼働させる限り、サービスが終了した今でも使う事が出来ました。VPN接続にて可能ですが、携帯電話のVPN接続で繋がりませんでした。ボルカノフローのアプリケーション内部にパケット通信を弾く機能があると思われます。しかし、「VPN + WIFIアクセスポイント」で繋いだWifiからは、普通に視聴する事が出来ました。今現在、海外使用のサービスが終了したボルカノフローをお持ちの型も、VPNサーバーと「VPN + WIFIアクセスポイント」を使えば、今まで通り問題なく使えますので、次の機種をお考えでしたら一考の価値があるかと思います。

Facebookグループ

タイランドに関するFacebookのグループ を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です