タイで自動車を買いました。

投稿者: | 2016年8月19日

購入の動機

2013年末に、バンコクで自動車を購入しました。私は、BTSの駅から近いアパートに住んでいますので、アパートの部屋を出て15分後には、アソーク駅で下車が出来ます。しかし、その「近い」が面倒になりました。タイでの生活に慣れ、人間が堕落していた証拠かもしれません。 BTSに直結した施設に行くだけの生活でしたら何も要りませんが、郊外の商業施設へドア to ドアで行くには、自動車が必要だと感じます。日産、マツダ、ホンダなどのディーラーを巡りましたが、トヨタ車に決まました。同じ価格帯での車種を比較すると、トヨタの車両は、他のメーカーより内装や装備が一段上でした。

オプション部品

カーナビゲーションが欲しかったのでディーラーオプションを付けました。ナビのメーカーは、ガーミン(Gamin)です。価格は、35,000Bahtくらいでした。
20140502160737035
メーターが220km/hまで表示されてますが絶対に出ません。180km/hも出ないと思います。
20140502160740457
ドライブレコーダーを付けたかったのですが、ディーラーオプションが無いようです。タイで買っても良いですが、日本で購入してタイへ持ち込みました。タイで事故を起こした時に有効になるのか分かりませんが、念の為に付けておきます。最近は、値段も安くなりましたので、タクシーの運転手さんも付ける方が多いです。
20140502160740428
カーナビの取り付けは、業者に任せても良いですが、簡単ですので自分で取り付けました。

自動車の購入に必要な物

本来は、有効なビザやワークパーミットが必要です。エージェントからの紹介が有れば、それらの書類が無くても可能なようです。私が購入した時に必要だった物は、タイの日本大使館が発行した在留届証明書、タイ発行の免許証、パスポートの原本くらいでした。バンコクの郊外のディーラーで車両を購入しましたが、エージェントの紹介で購入する場合は、特定のディーラーでしか買えないのかもしれません。

支払い方法

20140502160736076 src_32434121
他の方が書かれているタイのブログでは「支払いの際にカードが使えなくて現金一括しか買えなかった」という情報を見つけました。しかし、私が購入した時は、カード決済で自動車の購入が出来ました。当日は、現金で購入する為に銀行で代金を用意していたのですが、ディーラーの近くの小さな銀行では、その預金を引き出す事が出来ませんでした。日時を改めても良かったのですが、エージェントの方に迷惑がかかりますので、日本のCITI VISAクレジットカードで支払いました。タイの場合、数%のカード手数料をカード利用者が支払う事になります。カード会社の規約では、利用者が手数料を支払うのが違反に該当するように思いますが、タイでは、一般的のようです。また、カードでの支払いは、車両本体の価格しか払えませんでした。オプションで取り付けたフォグ、カーナビ、余剰に付けた保険料などの支払いは、バーツ現金で支払いました。日本のディーラーと違い、タイの場合、車両の値引きが殆どありません。その代りに、沢山のオプションを付けて下さいます。

任意保険

1年分の任意保険(約10,000Baht)をサービスしてくれるようです。私が購入した時は、より保障内容が良いプランにしたかったので、5,000Bahtを追加で支払い、最上級の保険を契約しました。自損事故などで車両保険を使っても免責もありません。この上位の保険ですが、一度だけ使いました。リアサイドを擦ったので、ディーラーで板金修理をしたのですが、保険の免責も無く、翌年の保険料も上がりませんでした。日本とは、全く違うシステムのようです。

車両売却

車両の売却に関してですが、有効なビザやワークパーミットが無いと、自動車を売却する事が出来ないと聞きました。車両の売却が出来ないけど販売が可能という事です。ビザやワークパーミットを持って無い方は、特に注意が必要です。それを持たない私ですが、後の事などを考えていません。今が良ければ良いです。

メリット

タイのリゾートホテルは、高級ホテルでなくてもバレットパーキングに対応しています。ドア to ドア で リゾートへ行けますので快適です。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイで自動車を買いました。」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 上がらない限度額 と 上がる限度額 | バンコク雑記

  2. ピンバック: タイの自動車税を支払ってきました | バンコク雑記

  3. ピンバック: タイで自動車を板金修理に出しました | バンコク雑記

  4. ピンバック: 桁が細かい アメリカンエクスプレスの限度額 | バンコク雑記

  5. ピンバック: 上がる限度額 と 上がらない限度額 | バンコク雑記

  6. ピンバック: タイの自動車税を支払ってきました | バンコク雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です