タイのCitiBank Gold口座の外貨預金は、手数料が無料です

投稿者: | 2017年5月5日

CitiBabk Asok Branch


受け付けで手続きの目的を告げたら、ソファーで順番を待ちます。暫くすると、飲み物の注文を聞きに来ます。

ソフトドリンクが無料です。ゴールド口座以上の口座は、銀行に用事が無くてもラウンジが使えます。また、大使館へ提出する書類の発行料も無料です。

タイ国行政からの要請により、1日の個人の外貨入金額は、US$10,000までになりました。外貨の出元を証明する書類も必要です。Citibankの行員は、日本円に換算すると約90万円と言うので、90万円の外貨入金をしました。一般口座の外貨入金は、手数料1%が必要です。しかし、このレシートには、WAIVEDを印字されています。ゴールド口座は、日本円、アメリカドルなど、外貨の入金と出金が無料です。昨年8月より様々なルールが変更され、GOLD口座への優遇が増えました。余談ですが、HSBC香港のプレミア口座は、外貨の入金に0.25%の手数料が必要です。

既にCitiGold口座の方へのオファー


前回の滞在時に届いていた手紙です。CitiGoldの顧客が500万Baht以上の預金をすると更に特典が増えるようです。タイのCitiBankは、昨年8月頃より、最低預金額が100万Bahtに引き上げられましたし、シンガポールや香港のCitiBankでも、昨年末より最低預金額を大幅に引き上げて、一般口座の顧客を締め出しました。お金持ちは、より優遇されて、そうでない方は、虐げられています。タイの格差は、広がるばかりです。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループ を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です