タイ運転免許証の更新手続きをします

投稿者: | 2017年5月6日

在タイ日本大使館

在タイ日本大使館にて、在留証明書を発行します。月曜日の午前中が混雑するそうです。また、昼前に申請をすると、1時30分のお昼休み後の発行になる場合があります。

発行手数料は、一通 670 Bahtです。

在タイ日本大使館へは、自動車で来ました。駐車場に入る時に警備員さんに運転免許証を預けます。

ランチ

そのまま陸運局へ行ける時間でしたが、午前中の陸運局が混雑している事を学習済みですので、昼食をセントラルエンバシーのイートタイで済ませます。

お腹が減ってる訳でもありませんので、カオマンガイ大盛り(90Baht)と、空芯菜炒め(130Baht) と ソムタム生海老入り(160Baht)を頂きます。様々なソムタムを食べましたが、ここのソムタムが一番美味しいです。屋台より遥かに高いだけあり、使われている干し海老などの質も高いです。

ドリアン購入


イートタイで食事をした後に、嫁さんがドリアンを丸ごと買いました。久しぶりに自動車で来たので強気な行動です。タイでは、バス、タクシー、BTSへは、ドリアンの持ち込みが禁止されています。

梱包?して下さいました。3,880gのドリアン(250Baht/1,000g)です。重量は、970Bahtでした。中身の重さが1,316gでしたので、単価が 737Baht/1,000gです。中身だけが入ったパッケージの単価は、900Baht/1,000gですので、丸ごと買うドリアンの方が少し安くなります。

フードコートを出た時のお会計です。フルーツの王様ドリアンは、お値段も王様級です。

陸運局


午後からは、陸運局へ来ました。BTSバンチャー2番出口から近い薬局で健康診断書を発行してもらいます。診断書ですが、診察など一切ありません。料金は、100Bahtです。

運転免許証の更新に必要な書類は、下記の通りです。

  • 健康診断書
  • 在留証明書
  • パスポート
  • タイ運転免許証
  • パスポートの顔写真のページ、ビザのページ、タイ入国印のページ、イミグレカードのコピーをして署名した用紙。

これらを8番の窓口へ提出します。その場で書類とキュー(番号札)を返して下さいますが、住所の変更がありましたので、新しい住所をコンピューターに入力してもらうのを待ちます。

適性検査を受けます。

ドレスコートがありますので ご注意ください。以前、嫁さんがパタヤの陸運局で免許証を発行した時に注意されました。

ノービザの場合に免許証の更新が出来ないと事が有ると情報を得ていましたが、ツーリストビザを持っていましたので、問題も無くタイ運転免許証の更新が出来ました。

アパートに帰ると、先日リクエストした金券が届いていました。ドリアン中毒の嫁さんは、またドリアンが買えると喜んでいます。末期症状のようです。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループ を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です