使わずに上がるアメリカンエクスプレスの限度額

投稿者: | 2017年6月26日

アメリカンエクスプレスカード(アメックス)

私は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードを持っています。持っているだけで決済に使用しておりません。所有するだけで、デルタのエリートプラス会員が維持できるので、毎年の更新を続けています。 このカードですが、SPGアメリカンエクスプレスをお持ちの方が、大きな限度額の事をツイートされていましたので、私も調べました。

限度額の確認

アメリカンエクスプレスの公式サイトにログインすると、24時間以内に2回まで調べる事が可能です。

480万円がOKで、490万が駄目のようです。従って、480万円が限度額のようです。この480~490間の金額を細かく調べる事も可能ですが、目安が分かりましたので十分です。アメリカンエクスプレスは、指定信用情報機関のCICを利用せずに、独自の審査をしていると聞きました。 先に書いた通り、このカードでの決済などを殆どしておりません。 既に解約済みのカードですが、デルタスカイマイルプラチナカードを高頻度で使用していました。 VISAカードですが、発行会社はCitiBankでした。 母艦が同じですので限度額が上がったのでしょうか? 何方かご存知の方がお見えでしたら、ご教示ください。

こちらは、長年更新しているヒルトン ビザ ゴールドカードです。限度額は、80万円で長期に渡り変化なしです。 こちらもカード特典を得る目的で所有しておりますので、アメリカンエクスプレスと同様に決済で使用しておりません。 右上の切り替えスイッチでV PASSでリンクされた他のカードを選びますと、

SMBC信託銀行のプレスティア VISA プラチナが選べます。同じVISAでも、300万円の限度額です。VISAは、指定信用情報機関のCICを使用していますが、同じ名義のVISAカードでも異なる限度額を設定しているようです。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

使わずに上がるアメリカンエクスプレスの限度額」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 上がる限度額 と 上がらない限度額 | バンコク雑記

  2. ピンバック: 続・使わずに上がるアメリカンエクスプレスの限度額 | バンコク雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です