徐瑞鴻診療所(徐富弘診療所)

投稿者: | 2016年12月10日

場所

スクンビット soi36 を入り、最初のT字交差点を右に曲がって100mです。交差点には、レストランの「ビエンチャンキッチン」があります。
2016-12-08-14-11-30
地球の歩き方にも掲載されているトンローの「徐瑞鴻診療所」です。この医院へは、もう6~7年ほど通っています。
2016-12-08-14-10-49
医院の汚れたモップのような犬「リリー」は、尻尾を振って近寄ってくるようになりました。
2016-12-08-14-10-57
駐車場もあります。運転手つきのマダムを良く見かけます。もう昔の事ですが、何ヵ所かの日本の整体に行っても治らなかった四十肩が、この徐瑞鴻診療所で完治しました。初めて治療した時は、両足の踝のまわりが内出血して、痛いの感覚を超えました。しかし、大先生(今は、医院の中に居て予約しないと治療して頂けません)は、「貴方は、とても悪いから5日通いなさい」と、言います。一日目の治療で痛くて歩く事も容易でなかった事を覚えています。翌日からは、紫色に腫れた部位を更に揉むのですから、もう拷問です。それでも言われた通りに5日間を通いました。その5日目には、大先生が私の足を触り、別室に連れていきました。その部屋では、痛くて上がらない腕をガキゴキ持ち上げようとするので「ダメー!」と叫びましたが治療が続きました。そして、その直後から何年も上がらなかった腕が上がるようになりました。マジックです。痛い部位に相当する体の臓器などが悪いのですが、当初の私は、全て痛かったです。体中が悪かったのだと思います。今では、何処をマッサージしても、痛くありません。心地よいくらいです。何年もかけて健康に近づいたのでしょうか。
2016-12-08-14-35-13
折角、トンローまで車で来たので、プロンポンまで足を延ばします。
2016-12-08-14-32-58
しゅんさんのブログで知ったタイフレンチビーフのお店です。安くて美味しいです。今日は、すき焼き用の肉をスライスしてもらいました。500gが300Bahtでした。「すきやき」と言うだけで肉を選んで下さいます。
2016-12-08-14-42-08
隣のビラマーケットでもお買い物です。ビラマーケットは、お店ごとに品揃えが違うので行くのが楽しみです。このプロンポンのビラマーケットの食材を見ているだけで飽きません。
2016-12-08-14-37-41
最近2リットルのボトルを買うようになったmeiji牛乳ですが、ここでは、5リットルのボトルを売っています。
2016-12-08-14-50-09
モタサイの方がお使い仕事をしていました。商品の写真をLINEで依頼人に送って確認をしながら買い物をしています。モタサイの方は、お客を運ぶだけでなく、公共料金の支払いから、買い物まで何でも引き受けて下さいます。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループ を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です