海外旅行中、財布やパスポートやクレジットカードの紛失(盗難)時に現金を入手する方法

投稿者: | 2019年3月6日

ウエスタンユニオンで日本から国際送金してもらう。

  • 受取人は、本人確認書類を提示し、送金人の名前、国籍、送金概算額、MTCN(送金管理番号)を伝える必要があります。
  • パスポートを紛失した方は、現地に居る本人確認書類を所有する第三者に送金をして、代理でお金を受け取ってもらう事も出来ます。
  • 日本に居るご家族、お友達の協力を得て海外送金してもらう必要があります。送金者は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類1点とマイナンバーカード(通知カードでもOK)の原本が必要です。

Receivers showing documentary evidence of their identity and providing all details about the money transfer required by Western Union and Agents, including name of sender, country of origin, name of receiver, approximate sum, MTCN and any other conditions.

JCBの「海外専用緊急再発行カード」サービスを使う。

  • 海外各所にあるJCBプラザ内で発行が出来る。
  • 即日発行が出来る海外支店の場合は、申請からカード発行まで約3時間
  • カードの申請から受け取りまでパスポートなどが一切不要
  • 日本の家族や友達に協力を得る必要がない。
  • JCBプロパーカードをご用意ください。一部の提携会社発行のJCBカードは、再発行が出来ません。
  • 元カードにキャッシング機能が有れば、再発行カードも現金のキャッシングが出来る。
  • 利用限度額やキャッシング限度額は、緊急用の金額に設定される。

SMBC信託銀行の「エマージェンシーキャッシュサービス」を使う

  • 一般口座が1日1,000ドル相当、ゴールド口座以上が1日10,000ドル相当を日本の口座より現地通貨で引き出せる。
  • パスポートなどの本人確認書類が不要
  • 公式サイトでは、アナウンスされていません。
  • 詳しくは、こちらに書きました

クルンシー銀行のカードレストランスファーを使う(タイ限定)

  • クルンシー銀行のオンラインバンキングが使える方から送金してもらう。
  • 受取者は、タイの携帯番号とシムフリー端末が必要(50BahtのプリペイドSIMでOK)
  • 送金後は、3日以内に受取者がタイのATMから送金額を引き出せる。
  • 受取者に必要な物は、タイ携帯番号とその携帯に届くワンタイムパスワード
  • 日本に居る口座保有者が現在タイに居る方へ送金する事も可能。
  • 送金には、所定の手数料が必要です。

その他

  • 三井住友カードは緊急用カードを発行できますが日本から現地へ郵送されます。
  • 三井住友の「緊急(キャッシュ)サービス」を利用する(要パスポート)

考察

  • JCBプラザがある国へ行かれる方は、JCBプロパーカードを発行しましょう。
  • JCBカードをお持ちの方は、キャッシング枠を有効にしておきましょう。
  • JCBプラザ内の無料Wifiを使い、Skypeや050plusで国際電話が出来るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です