タイの粗悪ルーターを高性能ルーターに交換しました

投稿者: | 2016年8月16日

インターネット事情

バンコクでは、ADSLインターネットを契約しています。賃貸アパートの高層階ですと、高速回線を契約するのが困難です。ビル建築時から特殊な配線が配備してあれば、個別にケーブルネットを契約したり、光ファイバーを契約する事も可能な場合があります。
また、建物の2階まででしたら、予めの配線が無くても、契約が出来る場合があるようです。これらは、沢山のプロバイダー業者に実際に聞いて確認をしました。また、ADSLインターネットでしたら、電話回線があれば契約が出来ますので、アパートの部屋に固定電話の接続端子があれば、契約が出来る場合が多いと思います。
私は、これらの理由によりTrueのADSLと契約しました。しかし、契約当初に業者が設置したモデムの調子が悪くてサポートに問い合わせると、すぐに新型に交換して下さいました。
images
この製品シリーズの旧型モデルと思われます。

料金の支払い

毎月の使用料金の自動支払いは、クレジットカードの自動引き落としが使えますが、日本のクレジットカードでは出来ません。タイ発行のクレジットカードが必要です。毎月、コンビニや銀行で使用料を支払う場合は、クレジットカードが必要ありません。日本のように銀行の口座から自動引き落としをする事が出来るかもしれませんが、カードの支払いで契約をしたので分かりません。
また、TOT(電話回線の使用料 約100Baht/月)への自動支払いは、VISAカードしか契約が出来ませんでした。但し、このTOTへの自動支払いの引き落としは、日本のVISAクレジットカードでも大丈夫でした。

不調なモデム

このモデムを暫く使いましたが、とても調子が悪く、繋がったり切れたりが頻発しています。原因を探ると、どうやら本体にあるようです。ICチップにヒートシンクを付けたりCPUファンで冷やしたりもしました。本体を分解するので、貸し出し扱いのルーターが返却時に違約金を払わされたりするのでしょうけど、タイでは、後の事を考え過ぎて行動していると、

今の事が全く進まないのです!

この考え方は、とてもタイ人的な思考回路です。自分でも気が付かないうちに、タイ人脳味噌に染まってしまったのかもしれません。話が反れましたが、旧型、新型モデムともに中国製です。日本のプロバイダーは、このような粗悪品を支給する事など無いですが、ここタイでは、それが当たり前のようです。改造しても何をしても無駄だと悟りました。
P_setting_fff_1_90_end_500
仕方なく社外品のASUSのルーターを買いました。DSLN12U C1というモデルです。台湾のメーカーですが、そこそこの品質です。
しかし、ADSLに繋ぐ為のパスワードが分かりません。日本のプロバイダーでしたら、登録情報を郵送して下さるでしょうが、タイの場合は、業者がモデムを持って来て、設置と設定をして帰るだけです。登録情報など置いて行きませんし、後から届く事も一切ありませんでした。日本でしたら、プロバイダーのサポートに電話してログイン情報を郵送してもらうだけで簡単に解決する事ですが、このパスワードの問題を解決するのに、何日も要しました。Trueのサポートに電話をして技術の方に変わって頂いても、インターネットの仕組みも知らない方が答えるだけです。
仕方ないのですので、Trueのサービスセンターに出向きますが、結果は、電話での問い合わせと同じでした。マニュアル君が窓口に座ってるだけなのです。これらの情報を郵送や口頭で知る事が出来ない仕組みのようです。インターネット回線をTrueのスタッフが設置した時に、その場で問い合わせたら教えて頂けると思いますが、その時を逃したら、もう知る術はありません。
しかし、何度も問い合わせているうちに「パスワードをリセットする事が出来る!」と言う事が分かりました。大きな進歩です。Trueの技術の方も、システムの説明書を読みながらの発見です。使える英数字などに規則がありますが、自分で指定したパスワードに変更してもらいました。苦労の末に得たパスワードを用いて、新しく買ったASUSのADSLモデムで接続します。
ルーター付属のセットアップウィザートがありますが、最初の設定で日本語を選ぶと後で面倒な事になります。暫く日本語で進みますが、途中から中国語に変わります。私は、何とか中国語でも入力する項目が分かりましたが、ウィザートの最初から英語を選択するのが賢明です。
このモデムは、VPNクライアントの機能が付いてますので、日本の業者などが提供する高速VPNサーバーのアカウントを使いますと、日本で契約をした Hulu や WOWOW の視聴も出来るようになります。
さて、暫く使い何不自由しないルーターでしたが、どうしても契約してる最高速度に達しないのです。設置した時のルーターより速い接続になっているのですが、契約スピードに遠く及んでいません。Trueのサポートに問い合わせても時間の無駄です。自分で調べた方が早いです。
2014-07-29 15.33.19
ルーター類を沢山在庫しているフォーチュンタウン4階のLAND LINKというお店。この店に在庫していたネットギアのルーターを買おうとすると、これはタイのプロバイダーに対応してないと言います。それでは、何で置いてるのでしょうね。もし使えなくても構わないからと、この製品を買いました。普通に考えたら使えない訳がないからです。購入したのは、DGND3700v2というモデルです。
DGND3700-Product-Image-Large18-17290_tcm122-53186

設定方法

ウェブで設定の情報をググっても情報ゼロですし、セットアップウィザートもありません。流石に繋がるまで苦労をしましたが、ここに設定の項目を書いておきますので、参考になれば幸いに思います。

  1. Setupの中のADSL Settingsの項目を開き、Multiplexing MethodをLLC-BASEDを選びます。
  2. VPIを0、VCIを100、DSL Modeは、AUTOでOK、
  3. 項目の入力が終わったらApplyを押して保存。
  4. Setupの項目は、ログイン方法は、PPPoE(PPP over Ethernet)にします。通常は、PPPoEのATMですが、それでは繋がりません。
  5. ログイン名も、通常は、ユーザー番号に@TRUEHISPを続けますが、@TRUEHISPを入力せずに、ユーザー番号だけを入力します。サービスネームは、適当でOKです。
  6. IPアドレスは、Get Dynamically ISP
    ドメインネームは、Get AutoMatically ISP
    NAT は enable

これで正常に繋がります。通信速度もまだ少し契約速度に達しませんが随分と上がりました。世界のネットギアです。ライフタイムを謳うネットギアです。安定性も申し分ありません。

しかし!

VPNクライアントの機能が無いのです。HuluやAmazonMusicを視聴したい時だけ、ルーターを接続し直せば良いのですが面倒です。はい、次なるステップに進む事にしました。下の商品は、xDSLが使えるルーターでは、ASUSのフラッグシップモデルです。沢山の機器を繋いでも安定して稼働をします。DSLAC68Uというモデルです。
5555
セットアップウィザートや設定の画面が日本語で表示されます。VPNクライアントの接続も問題ないですし、通信速度が契約してる速度に達しました。何度も買いましたが、これで決まりです。日本では一発で解決する問題もタイでは、少しずつ前進してゴールに辿り着きます。これを読んでる皆様も、このデータを基にして快適なインターネットライフを楽しんでください。ログイン名とパスワードが分かれば多少の知識でセットアップする事が出来るでしょう。タイでインターネットに苦しむ方が一人でも助かればと思います。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの粗悪ルーターを高性能ルーターに交換しました」への7件のフィードバック

  1. 永井正喜

    すいません。教えて下さい。
    タニヤで飲み屋を運営しています。
    店の電話が開通してるので、
    ADSL契約したいと思っています。

    そこで質問します。
    文面を読むとプロバイダ契約は
    回線利用とコミコミのようですが、
    この考えで間違ってませんか?

    返信
  2. thailand 投稿作成者

    こんにちは、永井さん。

    既に電話が開通してらっしゃるのでしたら、後は、Ture等の会社でADSL契約をするだけです。
    申し込みから数日で、指定した日時にスタッフが工事に来て下さいます。
    申し込みの場所は、デパートに入るTrueのサービスセンターです。
    サービスセンターの支店は、セントラルエンバシーがお勧めです。
    このデパートは、手続きに来る人が殆ど居ませんので常に待ち時間が少ないです。
    true
    ご質問のADSL契約と電話の利用料金(TOTなど)とは、別の支払いになります。
    画像は、ウェブから自分のTrueのアカウントを表示させたのですが、支払いが分れている事が分ります。
    Trueのインターネットの請求は、封書で届きます。私は、タイ発行のクレジットカードでの自動引き落としにしています。
    私が契約した当時は、インターネット使用料金の支払いがタイ発行のクレジットカードで無いとダメだと言われました。今現在の事情は、分かりません。コンビニ後払いや銀行払い(口座引き落とし?)も可能です。
    t2
    16MbpsのADSL契約で、この値段です。この747.93Bahtには、Trueの衛星テレビ(アンテナ、チューナー無料でした、一年以上の契約の縛り有り)とポストペイ契約のTrueの携帯電話番号1回線(ネットは、月に500mbまで無料)が含まれています。
    t3
    電話代は、107Bahtです、TOTから封書で請求が届きます。こちらも別のクレジットカードで自動引き落としにしています。TOTへの支払いは、タイ発行でなくても、日本のクレジットカードでも自動引き落としが可能です。

    何か分からない事がありましたら、遠慮なくご質問下さいませ。

    返信
  3. ピンバック: True インターネット ADSL 光 常時接続 AIS 契約

  4. ピンバック: タイ レストラン ルーター 接客業 インターネット wifi 無料提供

  5. ピンバック: タイで接客業をされる方にお勧めです | バンコク雑記

  6. ピンバック: TrueのADSLインターネットユーザーに朗報です。 | バンコク雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です