2016年度/ホテル滞在と搭乗の記録

投稿者: | 2016年12月8日

スターウッドホテル&リゾート

スターウッドプリファードゲスト
(Starwood Preferred Guest)

spg
プラチナ会員からゴールド会員に落ちてしまったSPGです。SPGは、マリオットとの統合でマリオットゴールド会員になりました。来年度は、ゴールド会員でも特典の多いマリオットホテルに滞在する事が多くなりそうです。余談ですが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを発行するとSPGゴールド会員とマリオットゴールド会員を維持できます。

ヒルトン・ホテルズ&リゾート

ヒルトンHオーナーズ

hil
なんちゃってゴールド会員です。ヒルトンVISAゴールドカードを発行するだけでゴールド会員の資格を頂けます。マイペイスリボとウェブ明細の設定をすると、年会費を半額程度に抑える事も可能です。日本国内のヒルトンでも、朝食無料と夫婦間に限り同伴者の宿泊が無料なのも嬉しい特典です。また、ヒルトンVISAカードは、プラチナカードを発行して条件を満たすとダイヤモンド会員も頂けます。

アコーホテルズ

LE CLUB ACCORHOTELS ロイヤリティプログラム

acc
シルバー会員です。今年は、16泊したようです。私達夫婦は、年2回のヨーロッパ旅行に出かけますので、アコーホテルズが欠かせません。シルバー会員でも部屋のアップグレードやレイトチェックアウトをして頂けます。シルバー会員では、ラウンジや無料朝食の特典がありませんが十分に助かっています。

全日本空輸(ANA)

ana
万年平SFCです。折角バンコクを往復していますが、タイ航空を利用する事が殆ど無いのでマイレージが増えません。来年度は、激安購入した中国国際航空を利用しますので、少しだけ利用価値が出てきます。中国国際航空は、SFCがあれば、機内にてファーストトラッククーポンを頂けます。

日本航空(JAL)

jal
万年平JGCです。年末に搭乗するJALのポイントを加算しても、クリスタルに届くか届かないかです。私達は、主にJALの航空券で旅行をしていますので、マイレージを沢山使ってもジリジリと貯まっています。ヨーロッパ旅行も、ヨーロッパ発券のJAL航空券です。JALは、ツアープレミアムに加入すると、サブクラスの低い航空券でも100%のマイレージが加算されます。そのマイレージを現金に換算して引きますと、ヨーロッパ往復の航空券が5万円にも満たない金額になります。
デルタ航空
dl
なんちゃってゴールドメダリオンです。デルタのアメックスカードを発行すると頂けます。スカイチームでは、エリートプラスの会員レベルになります。Crossover Rewardsに登録すると、SPGホテルとデルタの相互にポイントが貯まります。今年の初めまでに陸マイルで60万マイレージ程貯まりましたが、改悪が気になりますので、ビジネスクラスのヨーロッパ旅行で多量に放出してしまいました。日本-ソウルが15,000マイレージで発券できますので、ソウル発券のチケットに繋げて旅行を計画するのも良いと思います。また、スワンナプーム空港の大韓航空のチェックインでは、エコノミークラスの航空券でもファーストトラッククーポンを頂けます。特典航空券に関しては、改悪されました。デルタのマイレージで大韓航空の特典航空券を発券する場合、1便につき、Y席が2席。C席が1席しか解放しないルールに変更されました。マイレージを使って夫婦でビジネスクラスが事実上できなくなりました。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です