バンコクのバムルンラード病院で治療を受ける流れ

投稿者: | 2018年9月7日

病院の予約 07:00

バムルンラード病院へ治療の予約をします。先生の指名も可能です。バムルンラード病院の診察券をお持ちの方は、診察券の番号を予めご用意ください。診察の予約受け付けが07:00からで、診察が始まるのが08:00からです。

連絡先

保険会社に連絡 07:20

JCBクレジットカードに付帯する「損保ジャパン日本興亜」で海外旅行保険の受け付けをしました。病院を予約した時間までにギャランティーレターが届くように念押しをして下さい

病院に到着 08:10

バムルンラード病院へ一番早く着くには、BTSナナ駅の3番出口を出て、スクンビット soi 11 の入り口に待機しているモーターサイで行くのが早いです。モーターサイに乗る事が怖い方は、2番出口から出てタクシーに乗車しても良いですが、朝夕の渋滞の時間帯にお気を付け下さい。タクシーでは、スクンビット通りをサイアム方面へ行き、soi 1 を右折して病院の裏口に向かいます。バムルンラード病院のタイ語の発音は「バームーラー」が近いです。「ジャッパイ ラーン パヤバーン バームーラー 」 で 「バムルンラード病院へ行く」となります。

スクンビット soi 5側の入り口から入り、写真の左側の建物です。エレベーターで10階にお進み下さい。

エレベーターホールからの写真です。赤い矢印の場所が日本人専用の受け付けです。

受け付け

パスポートと診察券を提出してから、以下の書類に必要事項を記入します。ここでキャッシュレス診療の為のギャランティーレターが受け付けに届いてない場合は、診察へと進めません。ですので、私は「ギャランティーレターが届いてなければ、後から保険の請求しますので受け付けを進めて下さい」と、頼んでいます。朝一番の時間帯は、診察が混み合いますので、ここで出遅れますと、診察が終わるまでの時間がとても遅くなります。以前に緊急の手術をした時は、ギャランティーレターが指定時間に届かず、朝一番に予定されていた手術が深夜に変更されてしまいました。 後からの請求ですと、クレジットカードのポイントが加算されるメリットもあります。



書類を提出して受け付けを済ませて下さい。

受け付けが完了しましたら、各科へ提出する書類を渡されて、腕にIDタグを付けられます。内科の受け付けは、同じ棟の15階の「D」にあります。トイレが心配な方は、指定された受け付けへ行く前にお済ませ下さい。

こちらで書類を提出します。写真の待合室が混雑している時でも、体重、体温、血圧などを計る為にすぐ名前を呼ばれます。ですので、受け付けの場所から離れないようにして下さい。計測が終わると、再び待合室で診察を待ちます。

冷たい水やジュース、常温の水、コーヒー等が用意されています。

診察が終わり待合室に戻りますと、処方箋と会計の書類を頂けます。同じフロアに窓口がありますので、こちらで会計を済ませて下さい。

次に、こちらで、お薬を処方してもらいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です