クレジットカードの海外旅行保険で覚えておきたい重要な事

投稿者: | 2018年1月29日

クレジットカードの海外旅行保険は、公式サイトにも保険の条件が詳しく説明されていない事が多々あります。そのような分からない事がある毎に保険会社に問い合せて調べていました。以下の01~09は、自分が所有するカードだけを元に書いてます自分へのメモ書きのようなものですので、全てがこの限りとなりませんが参考にして頂けると幸いです。尚、実際に保険の請求をされる場合は、必ず事前に保険会社のご自身の条件などを問い合わせて下さい。

01.死亡・後遺障害

殆どの方がご存知かと思いますが、所有するクレジットカードで一番限度額が高いカードの金額が補償されます。所有するそれぞれのカードから最高限度額の保険金を受け取る事が出来ません。

02.傷害・疾病、救援者費は、複数のカードで限度額を合算出来る

こちらも、ご存知の方が多いかと思いますが、限度額100万円の傷害・疾病費補償のクレジットカードを2枚お持ちの方は、2枚のカードを合算した200万円が限度額になります。例えば、私の場合ですと、1900万円が補償される限度額となります。

03.航空機遅延保険は、複数のカードで限度額を合算出来る

前述と同様に、補償額2万円の出航遅延補償の付いたクレジットカードを2枚所有していた場合、2枚のカードの限度額を合算した4万円が限度額になります。遅延した飛行機が再出発するまでに4万円分の豪華な食事をしてお待ち下さい。また、下に書いた「JCB THE CLASS」は、家族カードが無料で発行できますが、その家族カードも同様の補償が受けられます。夫婦で旅行中に飛行機が遅延した場合は、それぞれの限度額を足した4万円までの食事を頂く事が可能です。 補償の請求には、遅延証明証が必要になりますので、到着した空港で発行しますと、後の請求処理がスマートに進みます。搭乗券の半券や飲食した時のレシートも必要になりますので紛失しないようにして下さい。

04.出航遅延補償と乗継遅延補償の違い

出航遅延補償 : 搭乗する予定の便が遅延して、定刻より4時間以内に出発できない時に利用した飲食代が補償されます。
乗継遅延補償 : 出発した便が遅延到着して乗り継ぎ予定の便に乗れず、到着時刻から4時間以内に代替え便で出発する事が出来なかった時に利用した飲食代と宿泊代が補償されます。

05.携行品補償費は、限度額を合算出来ない

02~03の保険のように、複数のカードを合算して補償額を上げる事が出来ません。100万円のカメラを壊した場合に、50万円が補償されるカードを2枚お持ちでも、補償される金額は、1回につき50万円までです。

06.海外でキャシュレス保険治療を受ける時は、病院で「出国日を証明」する必要がある

日本の出国印が押されたパスポートをお持ちの場合は、問題がありません。しかし、日本のイミグレで自動化ゲートなどを通り、出国印が無い場合は、病院の受け付けでパスポートを掲示しても、旅行保険の有効期間を調べる事が出来ません。その場合に「キャッシュレスの補償治療を受けられない」と、言われる事があります(実体験済み *1)。その場合は、保険会社の受け付けが完了していますので、自身の財布から建て替え支払いをして、日本に帰国後、保険請求の書類を取り寄せて還付を受ける事が可能です。これらの事は、保険会社の方が詳しく説明をして下さいませんが、出国日が記載されている搭乗券の半券やE-チケットの控えを持参して病院へ向かえば間違いがありません。

06.帰国後も、日本国内で海外旅行保険を使い継続した治療が出来る

海外滞在中に旅行保険を使い治療を開始した場合、治療が完了する前に帰国をしても、日本の病院で治療を続けたい場合に継続して治療をする事が可能です。この場合は、病院へ通院する為の交通費も請求する事が出来ます。公共交通機関が無い場合は、距離に応じたガソリン代を請求する事も可能です。また、補償される期間は、海外で受け付けを開始した日より起算して180日までとなります。

07.JCBの海外旅行保険は、VISAよりも受け付けがスマートでした

日本のCitibankが身売りするまで「Delta Skymile Citi platinum カード」を使っていました。5年くらい昔の事です。海外で病気になった時に、このCitiカードに連絡しますと、提携する保険会社がパスポートの顔写真のページ、出国印のある査証ページなどを写真に撮り、メールで送信して欲しいと言われました。その通りにしましたが面倒です。今も同じ流れなのかが分かりませんが、次からは、JCBで保険の受け付けをしています。JCBが提携する保険会社は、電話で個人情報を伝えるだけで受け付けが完了します。

08.保険会社へ病院へ行く時間を伝える時は、予定より早い時間を言う

この事で何度も嫌な経験をしました。病院へ行っても保険治療の受け付けをする為のギャランティレターが指定された時間に届いておらず、早く治療して帰りたいのに、受け付けのロビーで保険会社からの書類を待ち続けました。酷い時は、病院へ行く前夜に、翌日の保険の受け付けを済ませてるのに、当日の朝の病院でギャランティーレターが届いていないのです。その時は、病院の受け付けで1時間近く待ちました。その待つ間に何度も保険会社に催促の電話をしています。前日の受け付けの電話をした時に、「今から病院へ行くから書類を送って下さい」と、依頼して、翌日の病院へ行けば待つ事も無かった事でしょう。

*1 私は、旅程、発行したEチケットの控え、ビザ、タイのアパートの契約書、タイの銀行の残高証明書、パスポートの顔写真のページなどを全てDoropBoxに入れてオフラインアクセスが可能にしてあります。今までに、タイの入国で揉めたり、病院で出国日を証明できずにキャッシュレス治療を断られた経験がありますので、自然にこの体制になりました。

09.殆どの海外旅行保険は、緊急歯科治療費が保険適用外

有償の海外旅行保険の中には、歯科治療が100%適用される保険もありますが、50%までが補償されるなど様々なパターンがあります。また、通常の治療期間より短い制限があります。これに対して、クレジットカードの海外旅行保険は、殆どの保管会社が「緊急歯科治療費」を保険適用外としています。しかし、転んで歯が折れたり欠けた場合は、事故扱いになりますので、保険治療が100%適用されます。事故で折れた場合の状況は、自己申告で構いません。その場合の治療費は、社会通念上妥当な金額になります。差し歯の場合は、ジルコニアでも保険の適用範囲ですので、13~15万円でしたら、診断書が無くても100%の請求が可能だと思います。それ以上の金額になりますと、医師の発行する診断書が必要になります。他にも、現地では、折れた歯の代わりに、借歯だけを入れて、帰国してから日本の歯医者さんで綺麗な歯を入れる事でも保険が適用されます。(全て実体験済みです)

私が所有するクレジットカードの補償額

JCB THE・CLASS (サイト)

アクシデント発生時の連絡先
海外旅行傷害保険
年会費 50,000円(税別)
死亡・後遺障害 1億円(自動付帯)
傷害・疾病費 1000万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 1旅行中50万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用 400万円
海外航空機遅延保険
乗継遅延補償・出発便の到着が遅れ乗継便に乗れず、
予定していた乗継便の出発時刻から4時間以内に
代替便が利用できない
2万円(客室・食事代)
出航遅延補償・出航予定時刻から4時間以内に
便に乗れず
2万円(食事代)
寄託荷物遅延補償・到着後6時間以内に届かず
48時間以内に購入
2万円(衣料購入費)
寄託荷物紛失補償・到着後48時間以内に届かず
96時間以内に購入
4万円(衣料購入費)

JCB ANA SFC (サイト)

アクシデント発生時の連絡先
海外旅行傷害保険
年会費 10,250円(税別)
死亡・後遺障害 5,000万円
傷害・疾病費 150万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 最高50万円(年間100万円限度、免責3千円)
救援者費用 100万円
海外航空機遅延保険

Visa JAL JGC

アクシデント発生時の連絡先
海外旅行傷害保険
年会費 10,000円(税別)
死亡・後遺障害 5,000万円
傷害・疾病費 150万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 最高50万円(年間100万円限度、免責3千円)
救援者費用 100万円

Visa HILTON Gold (サイト)

アクシデント発生時の連絡先
海外旅行傷害保険
年会費 13,950円(税込み)
死亡・後遺障害 5,000万円
傷害・疾病費 300万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 最高50万円(免責3千円)
救援者費用 500万円

Amex DELTA Gold (サイト)

海外旅行傷害保険
年会費 26,000円(税別)
死亡・後遺障害 5,000万円(自動付帯) / 1億円(利用付帯)
傷害・疾病費 200万円(自動付帯) / 300万円(利用付帯)
携行品補償費 1旅行中50万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用 300万円(自動付帯) / 400万円(利用付帯)

Master AEON Gold (サイト)

アクシデント発生時の連絡先
海外旅行傷害保険
年会費 無料
死亡・後遺障害 3,000万円
傷害・疾病費 傷害200円/疾病100万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 最高50万円(免責3千円)
救援者費用 100万円

Visa Krungsri Signature (サイト)

海外旅行傷害保険
年会費 4,280Baht(税別)
死亡・後遺障害 2,000万Baht(利用付帯)
海外航空機遅延保険
Flight 6H delay 2万Baht(利用付帯)
Luggage delay 6H 2万Baht(利用付帯)

 Citi M VISA Select (サイト)

海外旅行傷害保険
年会費 4,000Baht(税別)
死亡・後遺障害 25,00万Baht(利用付帯)
海外航空機遅延保険
Flight or luggage delay 2万Baht(利用付帯)
Luggage lost 5万Baht(利用付帯)

合算した補償限度額(自動付帯分)

死亡・後遺障害 1億円(自動付帯)
傷害・疾病費 1900万円(1回の治療・180日以内*1)
携行品補償費 1旅行中50万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用 1500万円

カード年会費の合計

jgc(10800 x 2)
sfc(10070 , 5508)
hilton(7470)
the classs(54000)
krungsri(4280baht)
HSBC macau(480HKD)
Citi M VISA(4000baht)
===================
合計:約125,000円


Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です