タイでハーマンミラーのアーロンチェアを買いました

投稿者: | 2017年12月2日

以前は、セントラルエンバシーのお店で見つけました。

一応、今現在もハーマンミラー(herman miller)の商品を取り扱ってるようですが、目的のアーロンチェア(Aeron Chairs)がありません。携帯で検索しましたら、近くにハーマンミラーのショールームがあるようです。

場所

このビル。入り口で身分証明書(タイの運転免許証)を預けてビルに入る為のゲスト用IDを頂きます。以前、シモンズのマットレスを買ったビルでは、クレジットカードを預けて身分証明の代わりにしている方を見かけました。このビルでも同じことが出来るかもしれません。

目的の商品を見つけました。二ヵ所の背中パッドがオプションの装備で、800Bahtでした。日本で使っている岡村コンテッサは、ヘッドレストも付けてますが、アーロンには、付けませんでした。本体価格42,000Baht+オプション装備800Bahtの42,800Bahtです。

この写真は、日本の自宅です。岡村製作所のコンテッサにオプション装備のヘッドレストを付けました。大塚家具で店員さんにアドバイスを頂き、何度も座り比べながら購入しましたが、このコンテッサは、サイズもクッション性も自分に合っていませんでした。アーロンの方が疲れません。また、Lタイプがゆったりして良いかな~と考えていましたら、私の体型からは、Mサイズが妥当だとスタッフに言われて、その通りにしました。これが丁度良かったです。深く座った状態で膝の内関節や腰の部分に隙間が無い状態が良いそうです。

目的の商品です。その場で注文しても良いのですが、ショウルームのスタッフは、「ウェブサイトから注文すると2,000Bahtの割り引きになる」と言い、自身のノートパソコンを持って来てくれました。有り難いです。そのパソコンで注文をさせて頂きました。

CitiBankのクレジットカードで決済すると、瞬時にメッセージが届きます。42,800 – 2,000 = 40,800Bahtとなりました。日本のAmazonで買っても、146,000円です。なにそれ、日本より安いじゃん!!!(Amazonのリンクは、アフィリエイトではありません)

配送は、在庫のある商品でしたら翌日から時間の指定が出来ます。約束の時間ピッタリにお店の配送車が来ました。

アパート備え付けの椅子から解放された瞬間です。一日中引き篭もりの私には、とても有り難い製品です。タイの職場で座り仕事をなされる方にもお勧めです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です