国内のホンダが9月20日にCRF450Lを発売します

投稿者: | 2018年8月24日

HONDA CRF450L


北米で先行販売されていたCRF450Lが日本国内でも発売されます。
メーカー希望小売価格(消費税8%込み) : 1,296,000円
販売計画台数(国内・年間) : 500台
発売日 : 1918年9月20日
お客様からのお問い合わせは 「お客様相談センター 0120-086819 」

考察

ベース車両となるCRF450Rが約50馬力ですので、公式サイトで公表される24馬力と言うのは、エンジンが大きくデチューンされていると考えられます。しかし、公式サイトに記載されるメンテナンスサイクルなどを見る限り、CRF450R譲りのレーサー仕様に近いパーツが多用されているのでしょう。このバイクは、既にレーサーバイクが存在する車両ですので、メーカーこそリミッター解除パーツなどを販売する事が無いと思いますが、サードパーティーの会社が各種改造パーツを販売する事と思われます。また、CRF450Rの純正部品が流用出来る可能性も高いです。バンコクでオフロードバイクが欲しいと考えていますので、とても気になってしまうバイクです。

車両スペック

通称名 CRF450L
車名・型式 ホンダ・2BL-PD11
全長×全幅×全高(mm) 2,280×825×1,240
軸距(mm) 1,500
最低地上高(mm)★ 299
シート高(mm)★ 895
車両重量(kg) 131
乗車定員(人) 1
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2
31.0(60km/h定地走行テスト値)<1名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)
25.7(クラス2)※3<1名乗車時>
最小回転半径(m) 2.4
エンジン型式・種類 PD11E・水冷 4ストローク OHC (ユニカム)4バルブ単気筒
総排気量(cm3) 449
内径×行程(mm) 96.0×62.1
圧縮比★ 12.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 18[24]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 32[3.3]/3,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ DC-CDI点火
潤滑方式★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 7.6
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.357
2 速 1.705
3 速 1.300
4 速 1.090
5 速 0.916
6 速 0.793
減速比(1次★/2次) 2.357/3.923
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 29°30´/127
タイヤ 80/100-21M/C(51P)
120/80-18M/C(62P)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル

メンテナンスサイクル

エアクリーナーエレメント 6ヵ月毎に点検、3年毎に交換
エンジンオイル、オイルクリーナー 1,000km毎、または4ヶ月毎に交換
フューエルフィルター 3,000km毎、または1年毎に交換
冷却水 3年毎に交換
吸気バルブ/排気バルブ、ピストン、ピストンピン、ピストンリング 30,000km毎に交換
クランクシャフト、クランクシャフトベアリング、カムチェーンテンショナー 30,000km毎に交換
トランスミッション 30,000km毎に点検
点火プラグ(イリジウム) 30,000km毎に交換




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です