海外での病気や怪我を各保険でスマートに治療する流れ

投稿者: | 2017年11月13日

海外旅行保険が付帯するクレジットカードを所持して利用条件を満たしている、又は、海外旅行保険に入っている事が前提です。クレジットカード保険の自動付帯や利用付帯のルールは、それらのサイトで事前に調べて下さい。

1.発病や怪我の直後

発病したら、まず最初に病院の予約をして下さい。予約が遅いと当日の治療開始が遅れる場合があります。これを避ける為です。また、高額な治療費になっても現金を立て替える必要の無いキャッシュレス治療が受けられる病院がお勧めです。

2.旅行保険の受付

病院の予約が済みましたら、下記の情報を用意して、保険会社の受け付けへ連絡して下さい。先に予約した病院が保険に対応してなければ、後で予約をキャンセルしたら良いだけの事です。

  • 予約した病院の名前と電話番号
  • ご自身の連絡先(電話番号)
  • 日本を出国した日付
  • カード保険でしたら、クレジットカードの番号など
  • 他の旅行保険の有無(旅行保険の上限金額は、複数の保険を合算出来ますので聞かれる場合があります)

保険の受け付け時に、保険会社から病院へ行かれる時間を聞かれると思いますが、実際に病院へ行く予定の時間よりも早い時間を伝えて下さい。ここ重要です。理由は、指定した時間に病院に到着しても保険会社からの書類(ギャランティーレター)が遅れて届いてない事が多々あるからです。病院に着いて、やっと痛みから解放されると喜んだのも束の間。受付の人から「書類が届かないから待ってね」と、言われた事が数回あります。2016年の事ですが、バンコクのバムルンラード病院に朝一番の予約をして病院へ行ったのに、保険会社からの書類が指定時間に届かず、予約可能だった手術室が埋まってしまい、その日の深夜まで手術を待った事があります。

【★】クレジットカード保険の場合は、JCBカードがお勧めです。VISAカードの保険は、予めパスポートなどの書類を写メで保険会社へ送る必要があった経験があります。その時のVISAカードは、「デルタ スカイマイル プラチナ カード」です。以後、それらが必要の無いJCBの保険を使っています。

3.持ち物を準備する

  • パスポート(日本出国印が必要です。自動化ゲートでパスポートに出国印が無い場合は、搭乗券の半券かEチケットの控えが必要です)
  • 保険証書や付帯保険が入ったクレジットカード(受け付けが完了してる場合は、必要ない場合もあります)
  • 着替え、洗面用具、携帯電話の充電器、現金など

病状により入院になる事もあります。入院の可能性が低くても準備して行かれる事をお勧めします。

4.病院へ行く

行き帰りの交通費や退院後の交通費も保険の請求が出来ます。タクシー等で領収書が頂けない場合は、金額を自分で記したメモ書きでも構いません。電車などの場合は、乗車運賃を調べておいて下さい。こちらも領収書などは、必要ありません。

5.入院の場合

お部屋を選ぶ事になります。大凡ですが、付き添いの方が一緒に宿泊できる個室(シングルルーム)までが保険でカバーされます。豪華な病室を選ぶと保険でカバーできない場合がありますのでご注意下さい。また、付き添いの方用の布団や食事が必要な場合は、事前に病院と保険会社に連絡をするとスマートです。【★】前回の入院では、保険でカバー出来ない豪華な部屋を選んでしまった為、後から保険屋から連絡が入り「その部屋に居続けると別料金を請求します!」と言われて、普通の個室へ移動しました。

6.退院

病状が回復して退院出来る事が決まったら、すぐに会計を依頼して下さい。何故なら、日本のようにスムーズに会計が進まない事が頻繁に起こるからです。また、少しでも連絡が遅れてると感じたら会計の催促をして下さい。早朝に退院を依頼したのに、会計が遅れに遅れて、お昼の御飯が病室に届いた経験があります。

7.処方箋

退院後に服用した薬の袋などを保管しておいて下さい。帰国後に病状が悪化したり、再発した場合、再びかかる医師に服用した薬を伝えた方が後の治療に有効です。

★歯科治療に注意★

殆どの海外旅行保険は、緊急歯科治療費が保険適用外です。歯科治療が適用される保険でも、100%でなく治療費の50%などのパターンもあり、治療期間の通常の治療より短い制限があります。但し、転んで歯が折れたり欠けた場合は、事故扱いになりますので、保険治療が100%適用されます。事故で折れた場合の状況は、自己申告でも構いません。その場合の治療費は、社会通念上妥当な金額になります。差し歯の場合は、ジルコニアでも保険の適用範囲ですので、13~15万円でしたら、100%の請求が可能だと思います。それ以上の金額になりますと、医師の発行する診断書が必要になります。また、現地では、折れた歯の代わりに、借歯だけを入れて、帰国してから日本の歯医者さんで綺麗な歯を入れる事でも保険が適用されます。

Facebookグループ

世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。
タイランドに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です