HSBC香港のATMカードを再発行しました

投稿者: | 2017年11月11日

HSBC本店

2017年10月26日、磁気テープが怪しくなったHSBC香港のATMカードを再発行する為にHSBC本店へ行きました。新しいATMカードの面倒なアクチベーションも要らないのでお気楽です・・・と思っていました。

規定の変更?

HSBC香港の本店に着き、受け付けの白人女性にATMカード再発行を依頼すると
銀「ここでは、ATMカードの再発行をする事が出来ません」
私「カードの名前のエンボスも要らないから即時発行してくれない?」
銀「それも出来ません。3週間後に新しいATMカードを登録住所へ送りますのでお待ち下さい」

・・・3週間後は、バンコクに居ますので、

私「バンコクの住所に送ってくれる?」
銀「一時的にパーマネントアドレスを変更する事が出来ないので、日本で受け取って下さい」
私「んー。3週間後じゃなくて、40日後くらいに送ってくれる?」
銀「了解しました」

・・・私が場を離れようとすると、

銀「ちょっと待って下さい」

・・・パソコンをカチャカチャ。

銀「貴方のHSBCクレジットカードは、ATMカードとリンク登録が出来てますので、そのクレジットカードでもATMカードと同じ事が出来ます」
銀「Pinコードが分かりますか? 分からなければ、下の階のテーラーでリセットする事が可能です。エスカレーターを降りて右です」

・・・あ、そうだった。そんな手続きをした覚えが遠い記憶にあります。Pin番号も控えがあるはずです。HSBC銀行内のATM機にHSBCのクレジットカードを入れて、Pinコードを入力。次の画面で引き出しを選ぶと「クレジットカードの番号」と「銀行の口座番号」を選ぶ画面が表示されています。「銀行口座の番号」を選び、5,000HKDを引き出すと普通に引き出せました。携帯アプリから「Saving Account」から引き出された事を確認した後に、10,900HKDを引き出しました。同時に、初期設定のクレジットカードのPinコードを覚えやすい番号に変更もしました。

機転を効かせて下さった白人の行員さんに感謝です。


★★世界の銀行やクレジットカードに関するFacebookのグループを作りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です